Yosemiteにアップグレード後Shiftitが使えなくなって困ってる人々へ

Pocket

shift

深く考えずにYosemiteにアップグレードしたら、Shiftitが動かなくなり、このストレスたるやハンパない!
大袈裟な話でもなく、PC触りたくなくなるくらい。

慌てて調べてみた。

その前にShiftitをご存知ない方のために。


Shiftitとは、画面を

Left = ウインドウを左半分へ option+command+←

Right = ウインドウを右半分へ option+command+→

Top = ウインドウを上半分へ option+command+↑

Bottom = ウインドウを下半分へ option+command+↓

こちらのような作業だけで分割してくれるアプリです。


詳しくはこちらを参照
(※ちょっと古い情報なので、環境設定で悩むかも)

shift

コーディング作業なんかだと、なくてはならないモノになっています。

リリース後すぐにアップグレードしたので、情報ないかと思いつつも [Yosemite shiftit]で検索

いくつかある中でこちらのサイトが丁寧
OS X YosemiteでShiftitが使えなくなった時の対処法

shift3

セキュリティとプライバシー > プライバシー
つまり、プライバシー設定の中にあるShiftitのチェックボックスを1度外してもう一度チェックをつければ使えると言っている。

・・・・・しかし、動かない。
※大方の人はこれで動くのかも。

That's not possible!

しばし悩む。

shift2

!!!これが原因だった!

Shiftitは2010年からアップグレードされておらず、Macで起動(ダブルクリック)させようと思っても、開発元不明のため起動されない。そのためプライバシー設定で個別に許可させているわけですが。

スクリーンショット 2014-10-31 20.53.06

セキュリティとプライバシー > 一般
個別設定だけでなく、こちらも「すべてのアプリケーションを許可」に変更して、起動させれば、大丈夫。

しかし、警告が出てしまうので、一旦起動させた後は「Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」のほうに戻しておけば大丈夫。

神アプリ復活にホッとしたのでありました。

Comments

comments

Snatch

Snatch

株式会社Cajon 制作担当 集客・マーケティング視点で、どう制作すればコンバージョンに至りやすいかなど、制作会社とは違う切り口で書いていきます。