DSP広告

デジタル広告マスターサロン

DSP広告

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook


DSP広告

最も『最適な広告』を、
『最も効果的なターゲット』へ配信!

DSPとは、オンライン広告において、広告主側の広告効果最大化を支援するためのプラットフォーム(ツール)です。
Demand-Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)の略称で、デマンドサイド(広告主側=需要側)が使用する広告配信ツールとその周辺のことになります。DSPを用いて広告を配信する行為そのものや、DSPで購買・配信が可能な広告枠などを指して使われる事があります。

サービスの強み・魅力的なポイント

広告の配信・管理

DSPは、複数のAd Exchange・SSPへ横断的に広告の配信・管理ができるシステムです。
広告購入は、RTB(インプレッション単位のリアルタイム入札)で行います。

潜在顧客へリーチ

DMPを活用し「枠」ではなく興味・関心を持っているユーザー「人」に対して広告配信することが可能です。

CPMが主流の課金方式だが場合によってはCPCやGPSなどもある

サイトを訪問したユーザーが関心を持った商品やページの内容をスコアリング。
スコアリングで得たデータを元に最適化させた広告の配信をすることでCPA(成果単価)、CVR(成約率)を大幅にアップ!

カホンでは

Web解析士の視点から、お客様のためのマーケティングを分析致します!

デジタル広告において、クリック数や表示回数で評価をしてしまいがちであることが問題としてあげられます。
弊社では、売り上げや成果という視点から運用を行っております。

ご利用の流れ

  1. step 1 ヒアリングによる目標設定
    無料でヒアリング致します。ご相談後、目標設定・戦略のご提案をします。
  2. step 2 お見積もり
    ご予算に合わせたお見積もりを承ります。
  3. step 3 広告配信
    広告の配信を開始。約15日〜20日間で運用開始可能となります。

お問い合わせフォームはこちら