あなたのHPは、”どこから”訪問しているのか?知ってる?

Pocket

mapoverlay-france2こんばんは!

前回に引き続き、GoogleAnalytics(GA)についてお役に立つ情報を提供します。

Web解析を「難しい」と思い、学習するのを諦めてしまう方が多いのではないでしょうか?

1つアドバイスですが、

もっと単純な疑問を持つことによって、簡単に解析ツールを学習することが出来ます。

机に向かって勉強するよりも、意外と簡単に身に付くかもしれません。

今回はそのポイントをご紹介したいと思います。

 

 

まず、質問ですが。

⑴どんなキーワードで検索して、あなたのHPへたどり着いているか把握していますか?

⑵どのエリア (市区町村)から、あなたのHPへ訪問しているか把握していますか?

⑶あなたのHPは、PCとモバイル(スマホ)どちらで閲覧されることが多いですか?

 

などなど、上記のような単純な疑問を持てば良いのです。

単純な疑問を持つことが、「どこで見れば分かるのか?」という行動を起こします。

 

 

<1.どんなキーワードか調べる方法>

1.レポートから、「集客」をクリック。

2.集客の「キャンペーン」(最下部)をクリック。

3.「オーガニック検索キーワード」をクリック。これで完了。

→GAは、自然流入しか拾えないのでSEOで表示されたキーワードのみになります。(アドワーズとリンクさせると表示可能)

スクリーンショット 2015-06-26 19.50.47

 

 

 

 

 

 

 

 

<訪問者の所在地(市区町村)を調べる方法>

※これは、IPアドレスで測定しているため閲覧者の所在地が判別出来ます。

1.「ユーザー」より、「地域」をクリック。さらに、「地域」を選択。

スクリーンショット 2015-06-26 19.55.05

 

 

 

 

 

 

 

 

2.国別で流入の多い順に表示されるので、「Japan」を選択。

→市区町村単位で、流入数の多い順に確認することが出来る。

スクリーンショット 2015-06-26 19.55.17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<PCとスマホどっちが多いのか調べる>

1.こちらも2と同様に、「ユーザー」をクリック。

2.「モバイル」→「サマリー」をクリック。

→「desktop」、「mobile」、「tablet」が多い順に表示される。

 

ここでポイントですが、

タイプ別に「滞在時間」「直帰率」「ユーザー数」を確認。

→流入しているユーザーが多いタイプを優先に、上記の数値が改善されるようにWebページも改修しなければならない。

という判断が出来ます。

 

 

皆さんも、今回挙げた自社サイトの「気になっている点」について、まずは調べてみてください。

勉強よりも、実践の方が伸びると思います!

 

ではでは、本日はここまで。雨が強いので、お気をつけておかえりくださいませ。

Web解析でご不明な点があれば、弊社までご相談ください。http://cajon.co.jp/

 

 

Comments

comments

Ippei

Ippei

株式会社Cajon Web Agent Teamリーダー 11月入社。元非常勤講師。24歳。 Web知識ゼロのド素人が日々学んだ事を "素人目線"で書いていく奮闘記。