ピーチ・ジョンに学ぶLINE@活用術

Pocket

スクリーンショット 2014-10-08 18.52.49 皆さんこんにちは☆今日は以前にもご紹介をさせて頂いた【LINE@】に関しての、具体的な活用術をご紹介したいと思います!登録〜運用まで無料で利用が可能!今や集客アップのツールとしては欠かせない存在ではないでしょうか。『気になってはいたけど…』『実際どんな使い方をしているの?』と思われていらっしゃる方!今回はそんな方々に向けてLINE@の成功事例をご紹介します。

皆さんご存知、下着を中心としたファッションアイテムで、女性の可愛さ・美しさを演出している「ピーチ・ジョン」。現在25店舗でLINE@を導入しています。

〜ピーチ・ジョンの事例〜

◆LINE@導入の経緯と決め手

LINE@を始める前の課題:通販サイトのお客様と店舗に足を運んでくださるお客様の相互利用が少ない。どちらかしか利用していないお客さまをどうにかして動かすことができないか…動かすためには間接的にでもお客さまとコンタクトを取れるツールが必要と感じていた。LINE@決め手は【無料で登録が可能】【メッセージをすぐに見てもらえる】【店舗ごとでアカウントを持てる】といった点。

◆友だちをどのように集めているか

導入当初は、接客の中で口頭案内していくということのみ。後に、チラシを用意し、直接お客様に渡して案内する形に変更。目で見たほうがお得感も伝わりやすいのと、チラシを持っていれば既に案内済みということも分かるようになり、万遍なく声がかけられるように。
また、LINE@登録をフックにして、店頭呼び込み~ファーストコンタクトを行うといったスタッフも増える。

◆LINE@の運用で工夫している事

店舗数が多いため、一括送信機能を活用。定型文などを作っておき流用をしながら、1配信にかける時間を減らすよう工夫をしている。

◆具体的効果

店舗として感じているのは、お客さまがお店に滞在する時間が延びたこと、そしてお客さま一人当たりの単価が上がったこと。下着ショップは、フラっと入るというよりは、目的のものだけを買って帰る利用者がほとんど。そんな中、お店で『LINE@登録で、5000円以上お買い上げの方は500円OFF』のようなご案内をすると、『じゃあもう1点』と商品を追加してくれるという。中には、『LINE@のメッセージを見たから来ました』と来店される方も増えている。

◆今後更に・・・

LINE@では店舗ごとの情報を届けることができるため、お店のカラーを出していきながらよりタイムリーなお知らせをして、個店の顧客作りの促進をしていく。個別でキャンペーンや売れ筋、オススメアイテムなどを伝えれば、さらに反応が期待できるのでは。

スクリーンショット 2014-10-08 19.16.05

 

いかがでしょうか。

例えば、顧客情報の入力箇所が多いメルマガだと、登録までに踏み出せないお客様もたくさんいらっしゃると思いますが、LINE@のように手軽に操作ができれば、登録までとてもスムーズに進みます。友だち追加の手軽さをご案内するようになったら一気に登録数が伸びていく可能性も十分です。お客さまはもちろんですが、伝える側としてもご案内がしやすいですよね。

ご興味のある方、この機会に是非LINE@を集客に活用してみてはいかがでしょうか。

Comments

comments

Onda

Onda

株式会社Cajon 営業 2014年9月入社。 (株)日本食研’07〜’08→(株)リクルートライフスタイル’08〜’14 30を目前にアナログ人間がWeb業界で新しいチャンレジ!! 一から学んだありのままの情報,感じた事をお届けします★