ユーザー視点で広告戦略を考えていますか?

Pocket

b008

こんばんは!

この業界で働いていると

「リスティング広告とFacebook広告って、どっちが効果あるの?」

って、よく聞かれます。

 

結論は、「商品やサービスによります」の一言です。

 

ここで、重要なのは自社のサービスがどういったユーザーに使われるのかということ。

また、今や日本人の9割が使用する検索エンジン<GoogleとYahoo!>で検索される商品なのか。

という、ユーザー視点での広告戦略が大切です。

一概には言えませんが、リスティング広告とFacebook広告で効果的な理論をまとめてみました。

 

 

 

《リスティング広告で効果的な商材・サービス》

◆ユーザーが検索エンジンを使って商品を検索する(通販やECサイトで売られているもの)

◆競合が少ない。(競合がリスティング広告を出稿していない)

→逆に、競合が多いものは検索ニーズが多いものでも難しいといえるでしょう。

◆シーズナブルな商材(シーズンごとに検索ニーズの上がるもの)

<注意>クリック数が増加して、広告費が高騰するので注意

 

《Facebook広告で効果的な商材・サービス》

◆BtoC向けの商材(BtoB向けの商材が向いていないわけではないが、どちらかというと)

→Facebook広告は、国民の5人に1人が毎日ログインするFacebook。※代表取締役の方にも広告出稿が可能。

◆リスティング広告で、競合が多いものはFacebook広告が効果的。

→競合他社と比較検討されないので、Facebook広告は有効的。

◆Facebookアカウントログインがあるサービス

→最近は多くのサービスでFacebookアカウントログインが可能。ユーザー視点で広告運用をするべき。

 

 

以上になります。

自社のサービスや商材を売るには、まずは入念な広告戦略が必要です。

リスティング広告が流行っているから、Facebook広告が流行っているからという理由ではなく、

”どんなユーザー(お客様)が使ってくれるのか”という視点を持って考えてみてください。

 

他にも気になることがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。

http://cajon.co.jp (お問い合わせはこちらまで)

Comments

comments

Ippei

Ippei

株式会社Cajon Web Agent Teamリーダー 11月入社。元非常勤講師。24歳。 Web知識ゼロのド素人が日々学んだ事を "素人目線"で書いていく奮闘記。