主要ソーシャルメディアのまとめ

Pocket

スクリーンショット 2014-12-25 10.11.50
「ソーシャルメディアを使ってマーケティングしたいけど、色々SNSがありすぎてどれがどんなのかわからない」
そんな悩みを抱えている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、主要ソーシャルメディアの違いを、規模・特徴・運用の目的などの項目に分けてご紹介します。
どのSNSをどんな目的で使えばいいのか、少しでも参考になると幸いです!

【Facebook】
(ユーザー数)
・世界中のMAUは11億9000万人
・うちモバイルのMAUは8億7400万人
・日本のユーザーは約2200万人
(特徴)
・実名で繋がる世界最大のSNS
・いいね!・コメント・シェアで友達と交流
・文章・写真・リンク・動画など様々な投稿オプション
(運用の目的)
・ブランドの認知度上昇
・キャンペーンによる新規顧客の獲得
・ファンの事を知る・ファンの情報を集める

【Twitter】
(ユーザー数)
・世界中のMAUは2.317億人
・日本のユーザーは約2000万人(世界第2位)
(特徴)
・実名登録しなくて良いオープンなSNS
・ツイートはネット上に公開される
・番組の実況に最適
・ハッシュタグ・リツイートによる高い拡散力
・Vineと提携した動画コンテンツが発展中
(運用の目的)
・情報がリアルタイムで全フォロワーに届く
・顧客の「声」を拾いやすい

【Google+】
(ユーザー数)
・世界中のMAUは3億人
(特徴)
・Googleが提供する世界第2位の規模のSNS
・サークル機能で投稿を見せたい人だけに共有できる
・友達申請なしでユーザーをフォローできる
・最大10人とビデオチャットができるハングアウト機能
(運用の目的)
・SEO上位を狙う
・Google+ローカルによるO2O

【LINE】
(ユーザー数)
・世界中で2億3千万人のユーザー
・日本人のユーザー数は4700万人(世界一)
(特徴)
・無料で通話やテキストが送れる
・スタンプの種類が豊富
・プッシュ通知機能
(運用の目的)
・キャンペーンの告知・クーポンの配布
・O2O・店舗送客に最適

【Instagram】
(ユーザー数)
・世界中のMAUは1.5億人
・ユーザーの7割弱が女性
(特徴)
・写真や動画を加工し他のSNSと連携してアップロードもできるSNS
・フィルターがけやコントラスト調整で簡単に素敵な写真を作れる
(運用の目的)
・動画や画像で視覚的にブランドをアピール

【Pinterest】
(ユーザー数)
・世界中のユーザーは5330万人
・ユーザーの8割弱が女性
(特徴)
・ネット上にある画像をお気に入り(Pin)してコレクションするSNS
・気軽にコレクションを見せ合うオープンな空間
(運用の目的)
・ブランドのイメージを様々な側面からアピールする
・製品やサービスの裏側も見せる

【LinkedIn】
(ユーザー数)
・世界中のユーザー数は2億5900万人
(特徴)
・ビジネスに特化したSNS
・公的な自己紹介ツール
(運用の目的)
・ブランドのアピール
・人材採用
・投資を募る

いかがでしょうか。
比較してみると各ソーシャルメディアの特徴が良く分かりますよね★
参考にしてみて下さい!

Comments

comments

Onda

Onda

株式会社Cajon 営業 2014年9月入社。 (株)日本食研’07〜’08→(株)リクルートライフスタイル’08〜’14 30を目前にアナログ人間がWeb業界で新しいチャンレジ!! 一から学んだありのままの情報,感じた事をお届けします★