初心者向け【GoogleAnalytics】用語集

Pocket

あ

こんばんは!

金曜日にBlog担当になりました、Ippeiです!

僕は、Facebook広告を中心にBlogを書いていますが、今回はGoogleAnalytics《アナリティクス》の用語集についてまとめました。

Googleアナリティクスは聞いたことあるけど、よく分からないという方が多いのでお時間のあるときに見てみてください!

 

まずは、<GoogleAnalytics>の説明から…

→アナリティクスとは。「解析」「分析」という意味があります。

Googleが無料で提供している、Webサイトの無料解析ツールです。実は、有料版もありまして「Google Analytics Puremium」といいます。

ちなみに、アジアで使用できるのは「日本」だけです!

 

<Google Analytics Puremium>

http://bit.ly/1Tg7uug

 

金額は、国やサイト(アクセス数)によって提示金額が異なるそうです。

気になった方は、下記のフォームから問い合わせてみてください。

https://www.google.co.jp/intl/ja_ALL/analytics/premium/contact.html

 

 

 

では、では本題ですが….まずは、概要から。

【概要】

◆サマリー

◆トラフィック

◆参照元

◆コンバージョン

 

 

 

[サマリー]とは、

もともとは、「要約」「要旨」という意味。

アナリティクス上で、どのカテゴリーでも含まれているのでここは必須です。

言葉の概念は覚える必要はないので、総合的な数値という感じで覚えておいてください。

 

 

 

[トラフィック]…

もともとの意味は、「交通量」や「通行量」

ITや通信の分野では、通信回線やネットワーク上で送受信される信号やデータのこと。(=アクセス数)

GAの中でトラフィックは、『集客』のカテゴリーの中で良く使用される。集客=「ユーザーがどこから来たのか?」を計測されるカテゴリーのため、トラフィック=「アクセス数」を分析する。

「集客」のメニューから、「すべてのトラフィック」を選択して頂くと、すべての参照元が判別できる。

 

 

[参照元]

こちらは、良く使われているので、知ってる方が多いかもしれません。

「参照元」=「ホームページに入る前の場所」

ここを見れば、「どこからホームページ内へ入ってきたのか」が分かる。

例えば、SEO(Google、Yahoo!の検索エンジン)、リスティング広告、Facebook広告、「お気に入り」から。など、

 

 

[コンバージョン]

まずは、定義を。

『ウェブサイト上で獲得できる最終的な成果』という意味。

例えば、お問い合わせ・資料請求・申し込み・予約、などなど。

Webサイト内で、最終的な成果の総称を「コンバージョン」といいます。(=CV)

 

 

以上になります。まずは、主要な4つのキーワードをご紹介しました。

GAをマスターする前に、まずはキーワードを覚えることが重要です。

メニュー毎に意味を覚えるだけで、ある程度全体象が見えてくるのでまずはキーワードから覚えてみてください!

 

もっと聞きたいという方は、こちらまで:http://cajon.co.jp/

Comments

comments

Ippei

Ippei

株式会社Cajon Web Agent Teamリーダー 11月入社。元非常勤講師。24歳。 Web知識ゼロのド素人が日々学んだ事を "素人目線"で書いていく奮闘記。