社長の日記 〜Cajonの軌跡〜 The Wolf of WSC (west shinjuku city) vol.2

Pocket

 

 

ByJiNgHCMAAobj2ずいぶんと涼しい季節になりましたね。nakafukuです。

突然ですが「経営者は孤独だ」という言葉をよく耳にしますが、本当でしょうか。
確かに孤独を感じることは多々あります。
おカネ、ヒト、戦略のことは誰にもなかなか相談できないことがあります。

けど、約3年ほど会社を経営して
2名の規模から15名の規模まで成長過程まではなんとか生き残れている僕の今の答えは、

「人間ってもともと孤独ですよね。」って感じです。
社長というポジションが理由で嘆く程のことではないかと。

社長だろうが営業だろうが経理だろうが、みんな孤独や困難と闘っていますよね。
社長でも群れる人はいますし、結局のところ殆ど変わらない気がしています。

そもそも社長連中は自分の選択や生き方に陶酔して
アドレナリン全開で自分を奮い立たせている傾向がある気がしますので、
「経営者は孤独」って言葉がかっこいいからそう言っているだけな気がしますね。

さてさて、今日は前回のCajonの軌跡の続きのお話です。※小学生の作文並になかなか先に進みませんが。。

〈中学~高校〉
僕は中学生の時に人格の軸が形成された気がしています。多くの人もそうではないでしょうか。
学校では、野球部のキャプテン、学級委員、何かイベントがあれば漫才したりなどいわゆるなんでも中心にいたがり人間。
一方、両親の離婚など家庭では色々あったため、学校でいくらバカ騒ぎしてても家に帰れば能天気なことは言ってられず、
毎日自分の人生について真剣に向き合っていました。
深夜になると一人フラッと外にでて、空き地に寝そべって小一時間は月を眺めて自分の人生と向き合う時間にしていました。
その時に、どう自分の人生と向き合っていたかというと、
「環境や誰かのせいにして、一度しかない自分の人生を台無しにしたくない。」という意志です。

今思えばずいぶんと心が自立した中学生だった気がします。
何をしていてもどこにいても心のどこかでは「冷めた自分」と闘っていました。
その頃は、とにかくブルーハーツばかり聴いて自分の心を落ち着けていたのを覚えています。

勉強については、「自分は賢い」と完全に思い込んでいたのでほとんどやらなかったですねー。笑
特に夏休みの宿題をやる意味がよくわかりませんでした。宿題やるなら休みではないし。
相変わらず野球は続けていて、都の大会で準優勝して関東大会まで出場しました。
けど、ホントのところは野球自体はそんなに好きではありませんでした。
みんなで一丸となって、何かに打ち込む一体感が好きだったんです。
別にそれが野球でもサッカーでもどっちでも良かったんだと思います。

勉強をもろくにしていなかった僕は、第一志望だった(当時学区内のトップの進学校の)都立には見事不合格し、
甲子園に出場経験のある強豪野球部の私立高校に入学しました。
それから3年間は野球、野球、野球の日々で地獄の生活でした。笑
(どれだけ地獄だったかをここに書いてしまうと親愛なる母校の看板に傷をつけてはならないのでここでは割愛させて頂きます。)
とにかく「甲子園に行ったら人生変わる」そんな言葉にみんな取り憑かれたように練習に励む毎日でした。

結局甲子園には行けなかったのですが、その頃の日々が今の自分の糧になっていることは間違いありません。
「精神力」「忍耐力」「向上心」まあシンプルにこの3つくらいなんですが笑

不思議なものであれだけ厳しい環境下にいても精神力や忍耐力や向上心が全員に備わったかというと全然そうは感じないのです。
やっぱり環境が及ぼす影響力はある程度でしかないものですね。

この頃になると自分の強みや弱みを理解するようになってきました。
また「受験」や「野球」を通じて、一生懸命に取り組んでも最終的に自分が”負ける”という経験を味わいました。

全力で一生懸命に取り組んでも、負けることはあるので、

「とにかくチャレンジを増やすしかない」

と思うようになりました。


【中学〜高校の自分を俯瞰的にみると】
#いつでも冷静で冷めた自分と向き合いながらも、ブルーハーツのような人間的な温かさが好きだった。
#あれだけ毎日野球をやっていたのに、野球自体はそんなに好きではなかった。
#みんなで一丸となる一体感が好きだった。

#お金持ちが嫌いだった。温室育ちが嫌いだった。

続く……

Twitter:@shoma0717

facebook:shomanakafuku

Comments

comments

Shoma Nakafuku

株式会社Cajon 代表取締役CEO 座右の銘「人生は素晴らしい冒険か、さもなければ無である」 株式会社リクルート('08〜'11) → 株式会社Cajon設立('11〜現在)。 経営とマーケティングをこよなく愛する29歳。 Twitter:@shoma0717 facebook:www.facebook.com/shomanakafuku