Facebookの効果的運用に必須!?「エッジランク」とは?

Pocket

edgerank-1-
 自分が出した広告や投稿、なかなか「いいね!」が集まらない…

そう感じたことはありませんか?

また、もっと多くの人に見てもらえたら…

そう感じたことはありませんか?

そんな時、「エッジランク」について一度考えてみたらいかがですか?

聞きなれない方も多いかと思いますが、この「エッジランク」がFacebookを戦略的に使いたい際、重要な役割を果たすのです!

今回はこの「エッジランク」について見ていくことにします。

 

① 「エッジランク」とは?

Facebookのニュースフィードにおける表示方法は大きく二つに分けられます。

 

「最新情報」「ハイライト」です。

「最新情報」では上から時系列で新着順に表示され、「ハイライト」では個人ごとに最適化された情報が表示されます。
その内の後者、「ハイライト」で表示される投稿や、その順序を決めるものが「エッジランク」となります。

② 「エッジランク」を決定する3要素

Ⅰ. 「親密度」(Affinity)

親密度とはその名の通り、他ユーザーとのコミュニケーション頻度により決まる要素です。

コミュニケーションとては、「いいね!」や「コメント」、「タグ付け」などが該当すると考えられています。

親密度を高めるためには、「いいね!」を頻繁に押したり、コメントをまめに返すことが大事です。

普段から積極的に活動していくことが必要ですね。

Ⅱ. 「重み」(Weight)

これは、投稿に対するリアクション(いいね!やコメントなど)がどれだけ集まったか、そして投稿自体の「重み」により決定されます。

リアクションの種類によっても重みがあり、

シェア>コメント>いいね!

の順番に重みづけされています。

投稿自体の「重み」とは、近況よりも写真や動画の方が重みが高くなるということです。

Ⅲ.  時間経過 (Time)

時間経過では、以下の二つが重要視されます。

  • 投稿がポストされてからの経過時間
  • リアクションが付いてからの経過時間
新しい情報がより価値が高いのはもちろんのこと、

投稿自体が古くても、新しいコメントなどがくると上位に表示されるのはこのためです。

投稿時間に関しては、作成者側からみるとどうしようもない点も多いですが、長期にわたって閲覧され、リアクションをもらえるような記事を書くことは可能なのではないでしょうか。

いかがですか?

ぜひこの「エッジランク」の仕組みを理解して、Facebookを戦略的に利用してみませんか?

本日は以上です!

Comments

comments

ninomiya

二宮 綾祐

株式会社cajon 一橋大学 二宮綾祐 趣味は一人旅と自転車。フットワークの軽さを営業に活かしていきたいと考えています!