Facebook、パーソナルアシスタント「M」のすごさ!

Pocket

images-1

先日、米フェイスブックは「M」と呼ばれる人工知能によるパーソナルアシスタントサービスを

 

メッセンジャー上で提案することを目指し、テストを開始していることを発表しました。

 

アップルの「Siri」、グーグルの「Google Now」、マイクロソフトの「Cornata」に続く新たなプレーヤーの参入です。

しかしこのMは今までとは違うスゴさがあります!

 

今回はそのスゴさを紹介したいと思います!

 

 

 

人の気持ちが読み取れるサービス!?

 

「人口知能+人力」

 

この「M」の最大の特徴というのが

人工知能が人間によって訓練、指導されていることです。

つまり単なる人工知能よりも相手の気持ちがよみとれ高い質のサービスが提供することができるようになります。

他のサービスは、人口知能AIだけで、人力が加わっていませんのでこの点がMの特徴です。

 

人力が加わっているため、Mは実際に私たちに代わり、

用事をこなすことができるといいます。

品物を購入したり、プレゼントを届けたり、レストランを予約したり、旅行を手配したり、各種予約を入れたりできるそうです。

 

   ユーザー「友達に子どもが生まれるんだけど、プレゼントは何がいいかな? 服やおもちゃ以外が いいんだけど

M「靴なんかいいんじゃない?」

   ユーザー「お、それいただき!ユーザー「来週シカゴに行くんだけど、いいハンバーグ屋はない?」

M「このレストランなんてどうよ?」

M「予約する?」

ユーザー「イイね!」

 

このように、Mに質問すると

質問に対してアイデアの提案から予約までを代理でやってくれます。

 

予約の手間も省けて非常に便利ですね。

 

 

このようなサービスが可能な理由は、Mで回答仕切れない質問には「Mトレーナー」と呼ばれる

カスタマーサービス担当者が対応するそうです。

150827nfacebookm

ユーザーはMをメッセンジャーで友達と同じように選択し、会話の中で質問や命令を入力します。

話しかけるのではなく、質問や指示を入力するか、録音された音声クリップを送信します。

回答も音声ではなく文字で返ってきます。

 

現在このサービスはサンフランシスコベイエリアの数百名だけに提供されていますが、

 

 

将来的にメッセンジャーの全ユーザー7億人が利用できるようにするのが目標だそうです。

 

今後ますます進化をしていくであろう人口知能ですが、

 

このMも今後どうなるのか楽しみですね。

 

リリースされるのが楽しみでなりませんね!

 

今回は以上です!

Comments

comments

Naoya

松井 直也

広島県出身 明治大学 Web業界で挑戦したいと思いカホンで働くことを決意。 座右の銘 「雪に耐えて梅花麗し」 皆さんのお役に立てる情報を書いていきます!